O2Oによって可能になるプッシュ通知

提供するサービスを必要とするかもしれない人は潜在的な顧客と言えます。情報を知ることによっていつでも顧客になり得る存在です。実店舗の周辺を潜在顧客が通りかかった時に情報提供できれば集客のチャンスとなります。でも、店の前で見ていても潜在顧客がわかるわけではありません。 その悩みを解消できるのがプッシュ通知を利用した情報提供です。潜在顧客がエリア内に入った時に店舗の情報を表示できれば、興味を示してもらえる可能性が高くなります。位置情報を提供することで迷わず来店してもらえることができます。事前に検索してから来店する能動的な情報ではなく、近くにあると言う受動的な情報によって興味が湧くかもしれません。少し立地の悪い店舗においては有効活用できるサービスです。

看板よりも営業活動に近い集客方法

実店舗を周辺の人に気がついてもらうために看板を出すと言う方法があります。目立つ看板によって場所や提供しているサービスについて知ってもらうことができます。すぐ目の前にいるので潜在顧客であれば来店する可能性は高くなります。でも情報提供の場所が限定されていること、情報提供の量があまりにも少ないことから集客率はあまり高くありません。 O2Oによるプッシュ通知であれば、もう少し広い範囲で情報提供することができます。また、SNSによる書き込みなども情報として提供できるので具体的なサービスの紹介も可能です。一度掲示したら替えるのに時間がかかる看板と違って情報を簡単に更新することもできます。このサービスによって潜在顧客に強いアピールができるので成功率が高まります。

クーポンを活用して確実な差別化

O2Oのサービスを活用するメリットは自由度とスピードです。提供する情報をリアルタイムに更新することが可能です。例えば天候に合わせてやその日の在庫状況によってサービス内容を変更したり、新作の公表も簡単に行うことができます。潜在顧客を呼び込むためには同じエリアにある同業種との差別化をする必要があります。そこで重要なのがクーポンの発行です。SNSなどによって期間限定、時間限定、見た人だけが得をするようなクーポンによって来店する目的を強くしていきます。 同じようなサービスなら質が充実している方を選びたくなるはずです。不特定のクーポン発行は潜在顧客でない人にも提供されるためコストパフォーマンスが悪いデメリットがあります。プッシュ通知なら効果的に他店との差別化を図ることができ、活用することができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加