O2Oアプリは様々なアプリの機能を併せ持つ

情報を現実へとつなげる為の機能として、O2Oアプリ内から実店舗の情報へ簡単にアクセスできる機能を持っています。例えば、地図アプリの機能やナビアプリの機能を持たせることが可能で、O2Oアプリ以外のアプリを使用することなくダイレクトに情報を知ることができます。 複数の店舗一覧の中から、現在地からの距離が一番近い店舗情報の表示、ルート検索などが可能となることで、顧客の手を煩わせることなく来店へつなげることができます。店舗への問い合わせもアプリ内から簡単に行うことができ、営業時間の案内なども一括で確認することが可能で、来店に必要な情報を一度に確認できます。

簡単にギフトを贈れるようになります

O2Oアプリの中にはギフトを贈るためのものもあります。少し前であればギフトを贈る際にカタログを見るのが一般的でした。今もカタログギフトは活用されていますが、今後は電子化が進められる可能性もあります。電子化したカタログからギフトを行う際にはアプリ上で住所を打ち込めばOKです。すなわち、商品の決定と送り先の入力は同時に行うことができるということです。 これにより、コストが大幅に削減でき商品の価格が下がることも考えられます。また、1つあたりのコストが下がったことで安価なギフトであっても送りやすくなっています。音楽データや電子ギフト券の場合は住所が分からなくても、相手の連絡先に贈ることが可能です。受け取る側もスマートフォンなどで受信すれば良いだけなので簡単です。

モバイルからの確認が容易に

スマートフォンやタブレット端末が普及している現在では、パソコンでのインターネットアクセスよりも、アプリからのアクセスの方が多く見込めます。外出先への持ち運びが可能なモバイル端末へアプリをインストールしておくことによって、場所や時間に縛られることなく、思い立ったときにいつでも情報へアクセスすることが可能です。例えば、予約が必要な店舗の場合には、アプリ内から容易に予約ができるシステムを構築しておくことで、来客のチャンスを逃しません。 しかし、ひと口にモバイル端末といっても、インストールされているOSや画面の大きさなどの違いによって、アプリの動作に多少の違いが出ることも考えられます。また、日本国内だけではなく海外からの顧客も獲得したいということも考えられるでしょう。顧客が持つモバイル端末の種類や、多言語に対応できるアプリであれば、幅広い層の顧客を獲得できるチャンスとなります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加