集客力をアップさせるO2O

O2OとはOfflinetoOfflineの略であり、インターネットと実店舗というオンラインとオフラインを繋ぐマーケティングの施策です。実店舗のすぐに買えるメリットとインターネットの販売促進活動の行いやすさを上手く組み合わせることが可能となっています。例えば、スマートフォンなどをかざすと割引クーポンが適用されるサービスもこの事例の1つと言えます。
クーポン自体は以前からありますが、紙のクーポンの場合はどうやって配布するのかという問題がありました。しかし、スマートフォンの画面であれば配布ではなく、配信となるため多くの方が受け取りやすくなっています。結果的に集客効果も高くなります。画面にバーコードを表示させるだけならレジでの処理も簡単になります。

ポイントを電子化するメリットについて

O2Oの施策の1つにポイントサービスがあります。ポイントカードは既に馴染みのあるサービスの1つであり、買い物や来店ごとに貯まるポイントを使用することで様々な恩恵を受けることができます。ポイントの持つ集客力は比較的高く、どうせならポイントが貯まるところで買い物をしようと考える方は少なくありません。
しかし、ポイントカードには紛失してしまったり、多くなりすぎて財布に入れにくくなったりといった問題もありました。スマートフォンのアプリなどでポイントを管理すれば、その問題は解決することができます。昨今では電子マネーとポイントカードを組み合わせることで利便性とお得さを一挙に得られるようになってきています。レジでの支払いが簡単になるといったメリットもあります。

SNSを活用すると効果がアップ

ポイントシステムをゲームのようにしたのがゲーミフィケーション型です。このO2Oではポイントが貯まるごとにランクが上がったり、アプリ上のゲームでポイントを貯めたりすることができます。通常のポイント以上にポイントを貯めるモチベーションを高めやすくなっています。他にもSNSを活用するタイプがあります。SNSでは顧客が自分の率直な意見を述べていることが多いので、企業ではマーケティングに活用しようという向きがあります。ユーザーも興味があるものに対してはフォローをすることが想定されます。ただし、飲食店などの場合はなかなかフォロワーを集めることは容易ではありません。そこでフォローした方に何らかのメリットを付与するなど、サービスと組み合わせるケースも存在します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加